はむすた母娘、空元気も元気!

末っ子女子大生とその母が、2人3脚でブログしてます。

培養土の袋でミニトマトを育てよう (その1)

 

こんにちは

 今日はお天気が良くて日差しが暑かったですね

「はむすた母」です

 

 

 

 

「培養土の袋に野菜の苗を植え込むってどうやるの?」

「 マンションのベランダでも大丈夫ですか?」

 

 

そんな質問を頂いたので今回は

お買い物から植え付けまでの実践編です

 

 

 

 

 

お買い物

 

ミニトマトの苗(できれば2本)

培養土(苗1本につき25リットル一袋)

顆粒の肥料(トマト用が便利です)

水性の肥料(花や野菜用のものを)

棒(支柱、取りあえず苗1本につき1本)

 

カゴ(お願いして、ゆずってもらいましょう)

 

 

 

他に、

台の足場にするためのレンガかブロックと

支柱にくくりつけるための紐を用意します

 

 

 

 

ホームセンターで

ミニトマトの苗と

野菜用の培養土、支柱を購入します

 

   

     他のものは、後でも大丈夫です

 

 

 

ミニトマトは今、種類がたくさん出ていて

色も形も豊富です

初めて育てるなら、少し価格は高めになりますが「接ぎ木苗」と書いてある物を購入しましょう

 丈夫で育てやすいです

 

 

 野菜用の土はミニトマトの苗一本に対して

25L 一袋を用意します

トマト用の培養土も売っています

袋にトマトの絵があるものを購入すれば、大丈夫です

 

 

ホームセンターでお会計の時に

苗を運ぶ時に使うカゴを ゆずっていただけないか、聞いてみてください

    たいていは無料でいただけます

 

 

 

セッティング

 


f:id:micyam-ucyan:20200501195826j:image

 

カゴをのせるための台にするブロックかレンガを用意してください

 

 

真夏、コンクリートがかなり熱くなります

 

土の上で育てる場合も、袋の下に虫が寄ってくるので

直接地面に置かずに、少し持ち上げておきたいので

カゴで作る台は便利です

 

 

培養土の袋に穴を開けます

水やりしたときに、多すぎた水を抜くための穴です

袋の半分から下の方に、土がこぼれない程度の穴を、あちこちに開けてください


f:id:micyam-ucyan:20200501200339j:image

 

穴を開けたら

カゴで作った台の上にのせます

 

苗を植え込む前に、倒れにくい場所にセットしてください

ミニトマトは背が高くなるので、風にあおられて倒れることがあります

 


f:id:micyam-ucyan:20200501170102j:image


背が高くなったときに、倒れたり折れたりしないように

支柱やネットにくくりつけておく必要があります

 

 

 

私はマンション住まいの時、

西側の窓にネット状にひもを張って

ミニトマトの枝をくくりつけていました

 

洗濯物など、ぶつからない場所を選んでくださいね

 

 

 

 

植え付け

 

 

袋の上をあけてミニトマトの苗を植え込みます

 


f:id:micyam-ucyan:20200501165957j:image

 

乾いた土はふかふかなので、

手で回りを押さえて苗をしっかり立てておきましょう

 

風などで折れてしまわないように

支柱を立てて、ひもなどでくくりつけます

大きくなると太く育つので、余裕をもって緩めにしばってください

8の字にくくりつけると良いみたいです

 

 

 

その後、水やりをします

 

袋にあけた穴から水が出てくるかどうか

確かめてください

 

穴から水が出てきても、袋の中央に水がまわっていないことがあるので

多すぎるかと思うくらい、たっぷりと水をあげるのが

初日の水やりのコツです

 

 

たっぷり水をあげたら

初日の仕事は終わりです

 

 

 

 

二日目

 

まず、よく観察してください

 

苗がぴんとしているなら、ちゃんと水を吸い上げた証拠です

土の表面に触れてみて、中が湿っているようなら二日目の水やりはしなくて大丈夫です

 

乾いているように感じたら、たっぷりと水をあげてください

 

 

苗がぐったりしているなら、水を吸い上げられなかったということです

袋の真ん中まで水が染み込まなかったのかもしれません

初日より、かなり多めに水やりをしましょう

 

 

 

水やりのポイント

 

鉢植えにするなら、底の方に石を入れて水がたまらない環境を作ります

鉢の中に常に水があると、植物の根っこが腐ってしまうからです

 

今回、袋の底に石を入れていないので

ミニトマトが小さい間は土に水分が多すぎないように注意が必要です

 

土の表面が乾いていても、触ってみて中が湿っているようなら

水をやらなくても大丈夫です

 

 

 

トマトは乾きにも強いので、苗を見ていても水不足に気がつかないことがあります

苗が小さいうちは土の様子をみて、水やりのタイミングを見計らってください

 

 

『培養土の袋でミニトマトを育てよう』

次回は5月半ばごろ掲載します



 

プライバシーポリシー    広告の配信について  当サイトは第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」の利用を予定しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために「Cookie(クッキー)」を使用することがあります。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関して、詳しくはこちらをクリックしてください。 また、当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加を予定しています。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。    アクセス解析ツールについて  当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。    当サイトへのコメントについて  当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 当サイトでは、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。   ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。   ・極度にわいせつな内容を含むもの。   ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。   ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。    免責事項  当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。          運営者:はむすた母娘   初出掲載:2019年10月06日