はむすた母娘、空元気も元気!

末っ子女子大生とその母が、2人3脚でブログしてます。

茨城県自然博物館に行ってきました

 

こんにちは

はむすた母です

 

茨城県自然博物館に行ってきました

 

www.nat.museum.ibk.ed.jp

 

 

 

 

 


f:id:micyam-ucyan:20190516215632j:image

 

屋内、屋外が充実

 

ここ茨城県自然博物館はとてもバランスの良い博物館です

宇宙、地球、自然、生命、人間と環境を

人の目線に合わせて興味深く展示しています

茨城県内の動物、植物、地学を身近に見せて

分かりやすい展示も特徴です

 

 

茨城県自然博物館は、とても広い敷地を持つ施設です

屋外がとにかく広いんです

充分大きさの「トンボが育つ池」があるのに

敷地内に「白鳥の飛来する沼」を持つ博物館って、すごいですよね

 

季節に応じて、花や樹木の観察会を行ったり

ネイチャーガイド付きで

虫や、動物を自然の中で観察する会が毎月開催されています

 

また、遮るものの少ない関東平野の特性から、

空の様子を観察するのにも最適な場所です

 


f:id:micyam-ucyan:20190516215717j:image

 

 この日お出迎えしてくれたのは

 

 たくさんの観光バスが止まっていて、

 私たちは幼稚園生の皆さんと同じ時間に入館することになりました

元気なみんなに先を譲って、近くを見ると

「こうらなみじゃのめ」がゆったり、葉っぱとまっています

(虫の名前はグーグルのアプリで検索しています)


f:id:micyam-ucyan:20190516105018j:image

 

木の葉っぱ、よく見ると白い花が咲いていました

ハコネウツギ」と表示がありました


f:id:micyam-ucyan:20190516215747j:image

 

 

館内に入ります 

 

お出迎えしてくれるのは、実物大のマンモスの骨格標本です

見上げる迫力、すごいでしょう!
 


f:id:micyam-ucyan:20190516215840j:image

 


f:id:micyam-ucyan:20190516215909j:image

 

ここ、茨城県自然博物館の魅力は、

なんといっても「実物大」の大きさです

 

もちろんほかの博物館でも、実物大展示はたくさん見かけますが

ここの展示方法は

「自分との大きさを実感できる展示」

が特徴なんです

 

このマンモスは、上から見ることもできます


f:id:micyam-ucyan:20190516215933j:image

 

足の指がこんなに開いて、踏ん張っていたんですね

今生きているゾウの足とは違うようです

 

 

ポケット学芸員が導入されています

 

スマホタブレットにアプリをダウンロードすると

専門の学芸員の説明を聞くことができます

テキスト、画像も送られて音声での説明があるので

特別展の音声ガイドを利用している感覚です

 

展示してある説明にはないお話も聞けるようなので

ぜひ利用してください

 

今後は英語のコンテンツも準備する予定があるそうです

 


f:id:micyam-ucyan:20190516220020j:image

 

 

入館した場所は、2階です

マンモスを通り過ぎると、

いきなりにょきっと顔を出す「ヌオエロサウルス」に遭遇します


f:id:micyam-ucyan:20190516220053j:image

 

この日は

 

平日でしたが駐車場に20台近くの観光バスが停まっていたので、

来館者が多そうだと思っていたら

幼稚園生、小学生低学年、小学校中学年、小学校高学年とたくさんのグループが

茨城県内からたくさん見学に来ていました

 

実はこの日の前日、

近くの工場で火災が発生して、この時点でも燃え続けていて

館内放送で「外での活動を制限するように」注意が流れました

外に出ると風向きによって、消火剤のにおいや

煙の臭いが漂っていました

 

たくさんの子供たちが、室内で活動することになったのですが

みんな楽しそうに、お行儀よく活動していて

一緒にいてこちらまで楽しかったです

 

 


f:id:micyam-ucyan:20190516220134j:image

 

 

地球の生い立ちコーナーより


f:id:micyam-ucyan:20190516220202j:image

 

足元に実物大模型が展示されています

自分の足と比べて、大きいなぁと実感します

目の前にも恐竜の骨格展示があって、充実しています

 

 

鉱物の世界より

 


f:id:micyam-ucyan:20190516220232j:image

 

この博物館も、鉱物の充実ぶりは素晴らしいです

種類も多く、豊富なので、

鉱物好きにはお勧めです 


f:id:micyam-ucyan:20190516220335j:image

 


絶滅した動物 


f:id:micyam-ucyan:20190516220427j:image

 

背の高い「ディノルニス ・マキシムス」と

背の低い「ドードー」の骨格標本です

両方を撮りたくて、しゃがんで撮影しました

ドードーは子供たちと目の高さが合うことが

よくわかる展示になっています

 

 

大きな生き物の骨格標本は模型展示が中心ですが

本物には、「実物」と表示があります

 


f:id:micyam-ucyan:20190516220607j:image

 

 


f:id:micyam-ucyan:20190516220627j:image

 

 

第74回企画展 

 

こちらが現在開催中の企画展です


f:id:micyam-ucyan:20190516220712j:image

 

ティラノサウルス、大好きなんで・・・

大中小、3体同時展示にひかれてやってきました

 


f:id:micyam-ucyan:20190516220753j:image

 

上から見ると、肋骨の開き具合がだいぶ違うことが分かります

改めて、小型、中型の標本は

余り見たことがなかったなぁと思います

 


f:id:micyam-ucyan:20190516220838j:image

 

足の大きさって、意外と変わらないものなのでしょうか

 

大きくなるにしたがってたくましくなってはいますが、

子供でもずいぶん大きな足ですよね

そういえば、中学生になったくらいから

足の大きさって変わらないよなぁと思います

 

若い中型でも、足ばっかり長く育った感じが特徴的だと思いました

人で言うと10代後半から20代前半の感じでしょうか

 

大型になると、おなかは大きいし、重そうだし

中高年はどの生き物もそんなものなのでしょうか・・・?


 


f:id:micyam-ucyan:20190516220944j:image

 

おこちゃまのティラノサウルス

若者のティラノサウルス

大人のティラノサウルス

見ごたえのある展示でした

 

 


f:id:micyam-ucyan:20190516221020j:image

 


f:id:micyam-ucyan:20190516221043j:image

 


f:id:micyam-ucyan:20190516221107j:image

 

 

1階ホールの「ヌオエロサウルス」

 

2階からかおを見たヌオエロサウルスの足元に入ってみました


f:id:micyam-ucyan:20190516221152j:image

 

おなかの下から、首の方向を見ています

あきれるほど大きいです

他の博物館ではなかなか体験できない面白さです

 


f:id:micyam-ucyan:20190516221205j:image

 

 

工場火災の影響で、外に出るのを今回はあきらめたので

室内からの写真を張っておきます

 


f:id:micyam-ucyan:20190516221229j:image

 

 


f:id:micyam-ucyan:20190516221248j:image

 


f:id:micyam-ucyan:20190516221302j:image

 

 

次回企画展は


f:id:micyam-ucyan:20190516221321j:image

 

2019年7月6日~9月23日の予定です

 

夏休みの企画イベント、観察会、自然教室など

たくさんありますので、ぜひお出かけしてみてください

 

 

はむすた母の感想

 

見せ方が楽しい博物館でした

自然科学に特化していて、身近なものが多くて充実していました

一緒になった幼稚園生~小学生が飽きずに楽しそうなのがよかったです

深く理解を進めるには、中高生にもお勧めの博物館です

大人が見ると、バランスのいい幅広い知識を吸収できる施設です

何度も通って楽しめる博物館だと思います

 

事前申し込みが必要なイベントも多いのですが

毎日行われる館内ガイドツアーや、

隔週の土曜日、日曜日にあるネイチャーガイドなど

申し込みの必要ないイベントもあるので

次回は狙ってきたいです

 

 

www.nat.museum.ibk.ed.jp

 

プライバシーポリシー    広告の配信について  当サイトは第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」の利用を予定しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために「Cookie(クッキー)」を使用することがあります。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関して、詳しくはこちらをクリックしてください。 また、当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加を予定しています。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。    アクセス解析ツールについて  当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。    当サイトへのコメントについて  当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 当サイトでは、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。   ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。   ・極度にわいせつな内容を含むもの。   ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。   ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。    免責事項  当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。          運営者:はむすた母娘   初出掲載:2019年10月06日