はむすた母娘、空元気も元気!

末っ子女子大生とその母が、2人3脚でブログしてます。

【ピアノ】同じピアノでも、音は違うか?

 

私「はむすた母」、

「趣味で楽しむピアノの先生」と自称しております。

何人かの生徒さんのお家にうかがって、レッスンをしていたので

とてもまれな経験をさせていただきました。

 

 

なんと、

私が使った最初のピアノと、同じピアノを使う生徒さんがおられたのです。

 

 

今も実家に置いてある「アップライトピアノ」は、昭和43年のYAMAHA製で

当時にしては珍しく「艶消しの茶色のピアノ」です。

当時のものとしては、気持ち背が低いのも特徴です。

 

 

初めておうかがいしたとき、私、びっくりして

「私の実家と同じピアノです。」

って、最初にお話ししたんです。

そうしたら、生徒さんのお父様が

「姉が置いて行ったピアノなんですよ。」

と、教えてくださいました。

 

同じ製品のピアノに出会ったのは、それきりなのですが

10年近く、その生徒さんのお家に通って、何度か私もそのピアノを弾いて

とても面白い体験をしました。

 

 

 

楽器は、どんな種類の楽器でも

場所によっても音が違うし、気候によっても違います。

弾き手が違えば、もちろん違う音を出しますし、

同じ人が弾いても、曲や、体調でも違う音がでます。

 

ピアノの場合、とりあえず鍵盤を押せば だれでも音は出せるのですが

それだけに、弾き手によって恐ろしいほど音が違うのです。

 

 

私の実家のピアノは、

私がガツガツ弾いた時期に「ハンマーのフエルトを半分に削って調整した」ので

かなり固い響きがします。

私は「ハンマーのせいだ」と思っていたのですが、

生徒さんのピアノを弾いた時、同じような固い響きで

ちょっと面白くなってしまいました。

 

生徒さんのピアノが置いてあった場所が、

マンションの角部屋の角の位置だったので

どうしても金属質な響きがあります。

でも、私の実家のピアノよりは「まろやかな音」も出せるピアノでした。

2台とも個人宅の楽器としては珍しく、あまりお休みさせることなく

使われてきた楽器です。

普段弾いている弾き手の、使い方の違いなのか、

メンテナンスの違いなのか

私にとっては、とても楽しい体験でした。

 

 

 

Twitterを見ていたら「cuLo様」が、こんなつぶやきをされました。

 

 

 

cuLo様、手作りのエフェクター等をブログに書いておられます。

私がこのところサボっている音楽講座を、

助けていただいているお一人です。

 

 

culo.hatenablog.com

 

ちなみに、私、大変申し訳ないのですが

cuLo様の書いておられるブログ、9割がた理解できていません。

本当にたまに、cuLo様の書かれる「うい~ん」とか、「ぎゅい~ん」とか

何となく伝わってくることがあって、テンションを上げています。

 

 

そう、「木材によって、音が違うのか」問題でした。

 

「たぶん」

としか、私は答えられませんでした。

あまり有益なお答えができなくてスミマセン。

 

 

私は本当にまれな経験で「同じ製品のピアノ」に出会いましたけど

「同じ形のピアノ」に会うことも、実はかなりまれなんです。

「同じ形の、違う木材」に会うことって、あるのかしらん?

 

 

結局、私がお勧めしたのは

「浜松の、楽器博物館」

です。

地下の階に、たくさんのグランドピアノが並んでいます。

 

製作年代が違うピアノが並んでいて、形も違うし、ピアノ線も違うので

cuLo様の疑問である「素材の違い」にどこまで対応いただけるか心配です。

でも、

「同じ場所で」

「同じ条件で」

「メンテナンスまで同じチームでかかわっている」

そんなピアノがたくさんあるところを

私はそこしか知りません。

 

www.gakkihaku.jp

 

 民族楽器がたくさんあって、

見ごたえのある博物館です。

鳴り物がお好きな方、お勧めします。

子供も触れる楽器体験のお部屋もあります。

(娘と二人で、時間いっぱいまで遊んでしまいました)

 

 

 

ピアノ弾きは、基本的に自分の楽器を持ち歩けないので

いろんな楽器に出会う楽しみがあります。

すぐに仲良くなってくれる楽器ばかりではないので

巨匠と言われる方々も、皆さんご苦労されています。

 

それでも、よそ様の楽器を堂々と弾かせてもらえるのは

ピアノ弾きの特権です。

電子ピアノも据え置きの大きな楽器が出てきているし

これからも、どんな楽器に出会えるか楽しみです。

 

 

 

 

プライバシーポリシー    広告の配信について  当サイトは第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」の利用を予定しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために「Cookie(クッキー)」を使用することがあります。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関して、詳しくはこちらをクリックしてください。 また、当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加を予定しています。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。    アクセス解析ツールについて  当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。    当サイトへのコメントについて  当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 当サイトでは、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。   ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。   ・極度にわいせつな内容を含むもの。   ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。   ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。    免責事項  当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。          運営者:はむすた母娘   初出掲載:2019年10月06日