はむすた母娘、空元気も元気!

末っ子女子大生とその母が、2人3脚でブログしてます。

名古屋市科学館

 


名古屋市科学館は、

プラネタリウム好きには垂涎の科学館です。
もっとアピール、しようよ~

このドーム、すごいでしょう!!

 


f:id:micyam-ucyan:20180207223046j:image

 

 

完成した2010年当時、世界最大級のドームでした。

命名権ブラザー工業(株)が2021年まで持っていて、

「Brother Earth」の愛称で呼ばれています。

 

これもすごいことなんですよ。

科学館って、かなり経営が厳しいことが多いんです。

公営なので頑張っているところも多いですが

科学技術自体がどんどん変わっていくので追いつかないんです。

毎年命名権で3500万円以上の出資をしているブラザー工業(株)、

応援したくなります。


f:id:micyam-ucyan:20180207223108j:image

 
f:id:micyam-ucyan:20180207223122j:image

入館して、荷物を預けようとコインロッカーを探したら、

扉が元素記号表になっていました。

私は 今回 「Au」(金) を使いました。


f:id:micyam-ucyan:20180207223205j:image

 

 親子のティラノサウルスって、初めて見ました。

骨格展示なのに、ちょっとお話してる感じがかわいかったです。

 


f:id:micyam-ucyan:20180207223250j:image

 

体験型の展示が多くて、楽しいです。

手を動かして学ぶ、

体を動かして楽しむ。

中に入って実感する。

大人も子供も、楽しめます。

 

外国人のお客様も多くいらっしゃいました。

「これ、どうやるんだろう?」

と、困っていたら

小学生高学年くらいの外国のお客様が、

さっとやって見せてくれました。

言葉でも、年齢でもなく

経験値で学びあいができるところが体験型の魅力ですね。

 

 


f:id:micyam-ucyan:20180207223322j:image

 

時間をかけて19歳娘「みーちゃん」が楽しんでいた

地層探検のゲーム。

すいてる時じゃないと、できないかな。 


f:id:micyam-ucyan:20180207223437j:image

 

ドームの下の部分は、宇宙展示です。 

 
f:id:micyam-ucyan:20180207223526j:image

 以前使っていたプラネタリウムの投影機や

天体望遠鏡の展示など、機械の展示が多くありました。


f:id:micyam-ucyan:20180207223639j:image

 

 「イトカワ」の模型です。

人工衛星の「ハヤブサ」の目的地、イトカワです。 


f:id:micyam-ucyan:20180207223702j:image

 

人工衛星ハヤブサには、たくさん思い入れがありまして

つい反応してしまいました。

 

 

さて、お楽しみのプラネタリウム

私たちが見たのは16時40分からの「一般投影」の回でした。

 

ドーム内に入って驚いたのが、

とても大きな平面の360度座席がある室内です。

プラネタリウムは斜面の席が多く

ドームの北側に座席、

南側を投影画面にすることがよくあります。

それがここでは、平面360度座席で、全席指定席です。

これもプラネタリウムでは珍しいことです。

 

座席がリクライニングして、

隣の席とぶつからずに、120度くらい回すことができます。

ドーム全体が見まわせるシステムです。

 

工学投影装置はカールツァイス製の「ユニバーサリウム9型」

デジタル投影装置はコニカミノルタの「デジタルスカイⅡ」

中央に据え付けられています。

 

プログラムは「今夜の星空案内」と「重力波

 

「今夜の星空案内」は

名古屋市内からみた町の明るさを考慮した星空をはじめに

そのあと、「町の明かりがなかったら」の設定で見られます。

美しかったです。

もちろんほかのプラネタリウムも同じ流れで上映されますが、

細かい光がことのほか美しく感じました。

 

重力波」のほうは、

ノーベル賞の研究対象が今回「重力波」だったということでの演目でした。

ノーベル賞の受賞は、通常かなり長く研究されて

世間で認められてから時間がたって

「基礎研究」となってから受賞することが普通ですが、

今回の「重力波」に関しては

論文発表から10年以内のスピード受賞ということでの演目だったようです。

宇宙研究には外せない分野ではあるんですけど・・・

 

なんといいますかね、

難しいんですよ~

しかも学芸員さんのお声が、すごく穏やかで・・・

スミマセン。半分も頑張れなかったと・・・

ごめんなさい!!

寝てました。

 


f:id:micyam-ucyan:20180207223731j:image

 

プラネタリウム終了時間が、科学館終了より遅いという変わった設定で、

ミュージアムショップに行けなかったのが心残りです。 

 


f:id:micyam-ucyan:20180207223743j:image

 

 現在、特別展はこちらです。

時間があったら見たい特別展でした。


f:id:micyam-ucyan:20180207223837j:image

 

 


f:id:micyam-ucyan:20180207223932j:image

 

科学館、大人になってからが楽しいですよ。

いかがですか? 

 

プライバシーポリシー    広告の配信について  当サイトは第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」の利用を予定しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために「Cookie(クッキー)」を使用することがあります。 Cookieを無効にする設定およびGoogleアドセンスに関して、詳しくはこちらをクリックしてください。 また、当ブログは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加を予定しています。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。    アクセス解析ツールについて  当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちらをクリックしてください。    当サイトへのコメントについて  当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 当サイトでは、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。   ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。   ・極度にわいせつな内容を含むもの。   ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。   ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。    免責事項  当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。          運営者:はむすた母娘   初出掲載:2019年10月06日